【和風オイル鶏しゃぶ】鹿児島直送の鶏刺しをしゃぶしゃぶ♪

 

和風オイル鶏しゃぶの完成まで

 

こんにちは!

宇都宮市千波町で営業している和仁です。

 

今回ご紹介したいのは、
『和風オイル鶏しゃぶ』
です!

 

和仁は、
今まで「鶏ぱっちょ」という
カルパッチョ風鳥刺しを看板商品として
営業してきました。

 

しかし、

同じものを食べていては
やはり飽きがきてしまう・・・

 

では、どうしたものか?

 

そんな時、
お客様からの助言もあり、
完成したのが、、、

『和風オイル鶏しゃぶ』

です!

 

和風オイル鶏しゃぶは現在、
LINE@登録者限定メニューとして
提供してるのですが、

 

その満足度は私の予想以上!

同じ方が2日後にまた食べにきてくれるほど。笑

 

なぜ、こんなにも満足度が高いのか?

その満足度の高さ、旨さの秘密をご紹介!

 

和風オイル鶏しゃぶの
3つのこだわり

①和食の経験を生かした出汁割醤油

 

和風オイル鶏しゃぶを試作するにあたり、
本当によかったなと思うことは、

『日本料理屋さんでの修行経験』

でした。

 

私は1番最初に
働きに入ったのが和食屋さんで、
その時に多くのレシピを教わっていました。

 

オイル鶏しゃぶを
和風の味付けにしようと思った時、
引っ張り出してきたのが当時のレシピ帳。

 

そこで目をつけたのが、

『すき焼きの割下』。

 

そのレシピを元に、
和仁流のアレンジを加え、

・たまり醤油
・濃口醤油
・鶏醤(鶏を発酵させ作る醤油のようなもの)
・てん菜糖
・和風出汁

で作る出汁割醤油を完成させました!

 

この出汁割醤油が、
甘み、旨味が丁度よく、
鶏の旨味を存分に引き出します!

②鹿児島直送の鶏刺しを使用

 

しかし、

忘れてはいけないのは、
素材自体のポテンシャルです!

 

いくら美味しい調味料を作ったところで、
悪い素材を掛け合わせると
完成度は低くなるのは当たり前。

 

ですので、

和風オイル鶏しゃぶで使う鶏刺しは、
鶏ぱっちょと同様、

『鹿児島直送かごしま湧水鶏』。

すでに鶏ぱっちょの紹介時に、
かごしま湧水鶏のこだわりは書いたので、
ここでは割愛。
https://wajin-am1.com/toripattyo/
(鶏ぱっちょの記事↑クリックで読めます)

 

しかし、、、

鶏ぱっちょと少し違うのは、

『和風オイル鶏しゃぶは鶏に薄らと火が入る』

という点。

 

ここは意外に重要なポイントです。

 

・・・思い返してください。

 

同じ素材でも、
火の入れ方で味の感じ方が変わりませんか?

『生の牛肉、レアの牛ステーキ、ウェルダンのステーキ』

 

全て味の感じ方が異なりますよね?

 

もちろんそれぞれに
良さがあるので、
どの食べ方、どの火の入れ方が良いかは
場合によって違います。

 

今回の和風オイル鶏しゃぶの場合は、
上で言ったら

『レア』

の状態で食べていただくイメージです。

 

レアの状態とは、

『外側のみ火が入り、
旨味が中に凝縮された状態』

です。

 

つまり、

より鶏由来の旨味が感じられるということ!

 

そこにこだわりの出汁割醤油が合わされば、
もう美味しいはず!

 

しかし、まだまだおいしくなる秘密が・・・

③オリーブオイルでしゃぶしゃぶ♪

 

オイルでしゃぶしゃぶなんて、
脂っこくて食べられないだろう?

と思われる方がいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、
食べてみると案外しつこくない。

それどころか、
あっさりと感じる。

 

その秘密は、、、

『オリーブオイル』

です。

 

テレビでは、
某俳優がドバドバかけるあのオイル。

超高級なオリーブオイルは、
飲めるほどあっさりしているらしいです。笑
(ただめちゃくちゃ高い…)

 

和仁で使うオリーブオイルは、
飲めるほど高級なものではありませんが、
それでもしつこく感じることはありません。

 

それどころか、
全体をまろやかに包み込み、
あっさりと召し上がっていただけます!

オイルしゃぶしゃぶの食べ方

・・・想像してみてください。

 

目の前には、
鶏刺しとぐつぐつ煮立ったオイル鍋。

 

鍋の中には、
こだわりの出汁割醤油と
大量のオニオンスライス、万能ネギ、白ごま
が入っています。

 

オニオンスライスは
出汁割醤油が染み込み、
くったり・・・

 

鶏刺しを2、3枚箸で掬い取り、
オイル鍋の下に溜まった出汁割醤油をつけるように
しゃぶしゃぶ、しゃぶしゃぶ。

 

薄らと火が通り、
白っぽくなったら、

出汁割醤油が染み込んだオニオンスライス共に
口へ運んでください。

 

口に広がるのは、
出汁割醤油の丁度良い甘さ、旨味、塩味。

それをオリーブオイルが
まろやかに包み込む。

 

オニオンスライスの
シャキシャキとした食感を感じながら、

噛み締めていると
次に溢れ出すのは鶏由来の自然な旨味。

 

・・・

 

『あぁ、ここで欲しくなるのは日本酒』笑

 

和仁にも日本酒はございますが、

 

ここでお勧めしたいのは、

『ぎんの雫』

という白ワインです。

 

日本酒の醸造に用いる清酒7号酵母を使用しているため、
白ワインながら日本酒を感じさせる味わい。

 

しかも、

超低温発酵で作るため、
果実感が失われにくく、
しっかりとしたブドウの果実感も感じられます。

 

少し話が脱線してしまいましたが、、、

『和風オイル鶏しゃぶ』

1680円(税別)でご提供中です!

気になった方は、
ぜひ遊びに来てください♪

 

ちーずとお肉と鶏ぱっちょ

とろ〜りラクレットが自慢の和風イタリアン酒房

和仁-わじん-

栃木県宇都宮市千波町17−27

(宇都宮記念病院より徒歩2分)

028-612-4997

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA